ウォール・トゥ・ウォール製造

短距離にすることでリソースを節約

必要なエナジーの80%を、再生可能エナジーより使用していることとは別に、生産現場では「ウォール·トゥ·ウォール」製造と呼ばれる方法を導入しました。これは、私たちの缶の製造と中身を入れる過程なども、同じ場所で行っているということで、輸送距離を節約しています。中身を入れるために、空き缶を輸送する必要がないので、大幅にフットプリントを削減!

ウォール・トゥ・ウォール製造で、毎年6,641 トン分の CO2が削減されています。

数字で表すウォール・トゥー・ウォール製造の役割は?

年間で約20億缶は、それ以上の輸送を必要としない。これは、10,000台以上のトラックの、700万キロ、1台あたり700kmの移動を削減しています。

ウォール・トク・ウォール製造のおかげで、毎年6,641トンのCO2削減となっています。 

1つのハブで世界を支える

ヨーロッパ中心に位置する、レッドブルの製造所は、たくさんの利点がある:

レッドブルの斬新な製造方法によって、世界中どこでも最高級の商品を提供できている。これは、地元の資源でもあるアルプス天然水のような、最高品質の原材料のおかげでもあります。 

新しい省力化技術-天然資源を保全する技術-に関しては、すぐに取り入れます。

製造に必要なエナジーは、付近で生産されている。80%の資源が、再生可能なエナジーでまかなっており、レッドブルはどうにかこれを改善し続けられるように、動いている。 

ライフサイクルに戻る

Explore the world behind the can