世界の保健当局は、節度を持ったカフェイン摂取は、副作用を引き起こさないと確認しています。

世界中の様々な保健当局によりカフェインの効果は調査されてきました。例えば、カナダ保健省の科学者たちはこれまで発表されてきたカフェインの科学的文献の再調査を行いました(Nawrot et al., 2003)。この再調査に基づいて、カナダ保健省は一日400mgまでのカフェイン摂取は健康な成人にとって潜在的副作用を引き起こすリスクはないと結論付けました。これは欧州食品安全機関(EFSA)の調査結果と合致するものです。ただし、妊婦の方や授乳中の女性はカフェイン摂取を一日200mgに控えるべきです。

レッドブル・エナジードリンク 250ml には、コーヒー約1杯分と同等の80mgのカフェインが含まれています。

欧州食品安全機関を含む、世界中の公衆衛生当局がRed Bull Energy Drinkは安全に消費できる製品であると結論付けていることから、EU全加盟国を含む171ヵ国以上で販売されているのです。