1995

Red Bull and the Sauber Grand Prix Team

Red Bull がTeam Sauberと共にF1へ参戦

1995年のF1GPは、レッドブルとサウバーGP・チームの10年のパートナーシップとともに開幕をした。レッドブルが大半のシェアを買い取り、カール・ヴェンドリンガーとハインツ=ハラルド・フレンツェンがハンドルを握った。2001年には手堅いパフォーマンスを見せ、ワールドコンストラクターズチャンピオンシップで4位まで上り詰めた。

マーティン "The Dominator" フライナダメッツ ISFワールチャンピオンシップを勝利

過去を見る