2017

Red Bull Dolomintenmann - Red Bullで最も歴史あるイベントの第30回を開催

「Red Bull」を初めてイベント名に冠した、Red Bullのスポーツおよびイベントマーケティング史上最もクラシックなイベントが、2017年に第30回目を迎えました。 世界で最もハードとされるチームイベントで、30年間にわたり、最強のチームの座を競い合ってきた世界中のベスト・マウンテン・ランナー、パラグライダー、マウンテンバイカー、カヤッカーたちは、これからも自らの限界に挑み、その戦いを繰り広げるでしょう!

世界で最もハードなリレーイベント

Red Bull Mind Gamersワールドファイナル

2016年にグローバル問題解決ゲームプラットフォームRed Bull Mind Gamersが登場した後、最初のRed Bull Mind Gamers Championshipは2017年3月にブダペストで開催されました。 史上初、世界一の問題解決王と脱出ゲームでの各ワールドチャンピオンの王座をめぐり、24ヵ国からチームが参加しました!

ハンガリー、ブダペスト

Red Bull Crashed Iceがマルセイユのヨーロッパスポーツの首都年のスタートを切る

マルセイユではRed Bull Crashed Iceシリーズのシーズンスタートの華々しい舞台として、アクション満載のナイトイベントが街の中心部で開催され、2017年ヨーロッパスポーツの首都年の幕開けを飾りました。

Red Bull Crashed Iceは2017年ヨーロッパスポーツの首都マルセイユでシーズンを開始します。

Red Bullの女性アスリート、ダニエラ・リフは、ハワイ、コナで開催されたアイアンマン世界選手権にて三連覇を達成しました!

ダニエラ・リフはアイアンマンの歴史に、世界選手権三連覇を達成したアスリートとしてその名を刻みました。 8:50:47でゴールした彼女は、カルーアコナのアイアンマン世界選手権で2009年のクリッシー・ウェリントン以来の三連覇を果たした、同選手権史上4番目の女性となりました。さらに、彼女は30歳の年齢で三連覇を果たした初の女性となりました。ハワイでの優勝は、彼女の長距離キャリアにおいて8回目の世界タイトルとなります。

マルセル・ヒルシャーがワールドカップ戦で6連勝するという偉業を達成し、そのキャリアに新たな1ページを加えました!

マルセル・ヒルシャーがFISワールドカップ戦で6連勝するという偉業を達成し、そのキャリアに新たな1ページを加えました!27歳のオーストリアのスーパースターは、スロベニアのクランスカ・ゴーラにおいて、シーズン終了2週間前に最新のタイトルを獲得しました。

前代未聞!フランスのウィングスーツ・フライヤー、バンス・レフェとフレッド・フュージェンがベースジャンプで飛行機に着地しました!

ソウル・フライヤーズ(バンス・レフェとフレッド・フュージェン)は、ベースジャンプで飛行機からユングフラウに飛び降り、山頂から再度、飛んでいる飛行機に着地するという歴史的な離れ業を達成しました。

ここからチェック!

Red Bullのアスリートダニエル・ボディンが、世界で初めて、スノーモービルでのダブル・バックフリップを成功させました!

ダニエル・ボディンは、世界で初めてスノーモービルでのダブル・バックフリップで着地し、歴史を塗り替えました。ダブル・バックフリップを成功させることはダニエルの長年の夢でした。彼は数か月にわたる準備と多大な努力を積み重ね、これを実現したのです!

ここからチェック!

ケリー・シルダル - X Gamesで最年少アスリートとして金メダル2個を獲得!

Xgamesの最年少金メダリストとなってわずか1年後、ケリー・シルダルは2017年もタイトル防御に成功しただけでなく、X Gamesで金メダルを2個獲得した最年少アスリートとなりました。

やりました!Young Bullsが欧州チャンピオンに!

FCザルツブルグU19は、欧州においてセンセーショナルに勝利を重ね、決勝戦でベンフィカを2-1で下し(H/T:0-1)、その実力にふさわしいUEFAユースリーグのトロフィーを獲得しました!Young Bullsは、過去数か月間の間、数々欧州の有名クラブに勝利することで大きなセンセーションを巻き起こし、感動をもたらしながら、UEFAユースリーグで優勝。オーストリアのサッカー界の歴史にその名を刻みました。

Red Bullとカプコンがストリートファイター30周年を祝う

Red Bull缶に波動拳が登場!ストリートファイターを象徴するキャラクター7人が、8つの史上においてRed Bullの缶に登場!格闘ゲームコミュニティも目が離せないクールなコレクションアイテム!

Red Bull Kumite:日本のレジェンド、ネモ選手がその能力を見せつけ、優勝。

最も有名かつ難関のストリートファイター大会、Red Bull Kumiteにおいて、日本のプロゲーマー、ネモ選手はその才能を発揮して記録を塗り替え優勝を果たしました。

君はケージのプレッシャーに耐えられるか?

マルク・マルケスは2017年初頭、史上初、MotoGPバイクでオーストリアの有名なハーネンカムのスキーコースの滑走に成功しました。

2017年シーズンの終了時6度目のMotoGPチャンピオンとなったマルク・マルケスは、2017年オーストリアにおいて、前年のF1スターのマックス・フェルスタッペンに続き、有名なハーネンカム・スキーコースを史上初、MotoGPバイクで滑走するという偉業を成し遂げました。

マルク・マルケスは、世界で最難関のダウンヒル・スキーコース、シュトライフの上にそびえる、有名なハーネンカムの雪で覆われた山頂にレーシングバイクで挑みました。

Red Bull KTM FactoryチームがMotoGPに参戦

Red Bull KTMチームは、モトクロスとジュニアレースのサーキットで何年にもわたり好成績を上げた後、ついにバイクレースの最高峰、MotoGPに参戦します。 オーストラリア最強のバイク・レーシングチームにとって、これは新たなステップです。「Ready to Race - KTM goes MotoGP」では、ストリート・レーシングのプレミアクラスに参入するまでの果敢な挑戦が描かれています。 最初のトライアルから第一戦までの流れを追い、数か月にわたりチームに同行したRed Bull TVとの協力の下、これまで映像化されなかったMotoGPの舞台裏がご覧いただけます

RedBullTVで「Ready to Race - KTM goes MotoGP」を視聴する

セバスチャン・オジェがウェールズ・ラリーGBで5回目のワールドタイトルを獲得

Dayinsureウェールズ・ラリーGBで3位に入った33歳のフランス人、セバスチャン・オジェはFIA世界ラリー選手権で5連覇を果たし、総合ランキングで9回チャンピオンになったセバスチャン・ローブに次ぐ2位となりました。

Red Bull Desert Wingsチームが、ラリー・ダカールで4部門中3部門で勝利

サム・サンダーランドが、ダカール・ラリー史上初のイギリス人として、二輪部門で勝利するという偉業を達成しました。 ステファン・ペテランセルは、ダカール・ラリーで、Peugeot Totalチームのチームメイト、セバスチャン・ローブとのレース全体を通した壮絶な戦いの末、四輪車で7回目となる、通算13回目の驚異的な優勝を果たしました。 エドゥアルド・ニコラエフは、トラック部門でカマズを表彰台に復帰させ、ステージでの勝利と共に総合優勝を果たしました。Red Bullのチリ人アスリート、イグナシオ・カザレは、クアッド部門で2位を達成しました。

ダカールをチェック

Red Bull Amaphikoアカデミーが3大陸に

Red Bull Amaphikoアカデミーは、自らの能力、クリエティビティ、エネルギーを用いて、コミュニティの問題解決に取り組む、草の根社会企業家のための起業プラットフォームです。 2017年、Amaphikoアカデミーは、南アフリカからブラジルまで移動し、初めて米国のバルチモアを訪れました。

www.redbullamaphiko.comでアカデミーの旅をチェック

Red Bull Amaphikoの社会企業家が新たな達成

ワンディシルはギャングスタの文化を博物館で展示するという突飛なアイデアを持っていました。 南米の街で育った彼は、毎日ギャングによる問題に直面していました。2015年、彼は、ケープタウンのランガでRed Bull Amaphikoアカデミーに出席しました。ここでインスピレーションを受けた彼は、そのアイデアを実現するための手段を与えられたのです。私たちはクリエティブなドリームチームを彼に紹介し、こうして18ギャングスタ博物館が誕生しました。 今日までリスクグループの若者たち3500人が同博物館を訪れており、人生における選択を考え直すよう、促すことに成功しています。 さらにワンディシルは、博物館の運営を続けるためのビジネスモデルを開発しました。ツーリストの来場者1人あたり、子供1人分の入場料を払ってもらうという仕組みです 「過去18ヵ月にわたるAmaphiko開発プログラムを通して、私は企業家として大きく成長しました。」

18ギャングスタ博物館について詳細はこちらをご覧ください

「Just Like You」ヴァージニア・トマーチオ&Bボーイ、リルG

ブレイクダンサーとクラシック・ダンスが出会ったらどうなるでしょうか。世界的に有名なブレイクダンサー、リルGと、クラシックダンサーのヴァージニア・トマーチオとコラボレーション。この奇抜な出会いは、フィレンツェのレオポルダ駅で、クリスチャン・クリス・ブジーの振り付けにより実現しました。

ブレイクダンサーとクラシック・ダンスが出会ったらどうなるか見てみましょう。

Red Bull BC One All Starsフランスツアーとシークレットバトル

10人のBボーイ、9都市、6000km:世界中のベストダンサーを集めたチーム、Red Bull BC One All Starsは、フランスを横断しつつ、あらゆる形のブレイクダンスを披露しました。フランスツアー中、BC One All Starsは地元のLyon B-Boyクルーの挑戦を受けて立ちます。 チームの全員がダンスを披露し、リヨンの次世代ブレイクダンサーズは皆を驚かせます。

トップクルーたちによる、ブレイクダンスのルーツを遡るパフォーマンスをご覧ください

Red Bull BC Oneワールドファイナル・アムステルダム

世界トップの16人のブレイクダンサーが、アムステルダムのウェステルガスファブリックで開催された 第14回Red Bull BC Oneワールド・ファイナルのため、9ヵ国から集まりました。 ベテラン・ブレイクダンサー、Crazy Legs、Hong 10、Niek、Intact、ATで構成されるの審査員たちが 史上初の女性ダンサーを含む、今年のファイナル出場者の評価を行いました。オランダのメノがRed Bull BC Oneのチャンピオンとなり、2014年のタイトルを再度手にしました。

2017年11月4日、アムステルダムにおいて開催された第14回Red Bull BC Oneワールドファイナル全体をRed Bull TVでご覧ください。

3Styleワールドツアー2017

Red Bull 3Styleナショナル・ファイナル・ワールドツアーは、9月から11月にかけて、欧州、アジア、太平洋、南北アメリカにおいて開催されました。 国別ファイナル・イベントは20か国以上で開催され、5月の動画エントリーから6人のDJが審査員によって選ばれました。 第8回目のRed Bull 3Style世界大会は、史上最高の年になるに違いありません。 Red Bull 3Styleワールドツアーでは、世界中のDJが集まり、ポーランド、クラコウで開催されるワールドファイナルでのチャンピオンの座を巡り、バトルを繰り広げました。 国別ファイナルライブストリームの今年のビュー数は250万回(2016年比+257%)に上り、リアクション(「いいね」、コメント、シェア等)は70000回を超えました。

Red Bull 3Styleワールドツアー2017

Red Bull Music Festivalハイライト - 池田亮司 - A [for 100 cars]

世界に名だたるアーティスト池田亮司が、100人の自動車オーナーとのコラボレーションで世界最大のシンセ・オーケストラを形成し、最新作を発表。「A [for 100 cars]」と題されたこの作品は、「A」の音を追求する、彼の長年にわたるシリーズの新作です。ロサンゼルスのRed Bull Music Academy Festivalで発表されたこの作品は、コンセプトおよびパフォーマンス共に、彼のアーティストとしての大胆かつ新たな方向性を示すものであり、自動車愛好家を含む、より幅広いのオーディエンス向けられた作品となっています。

Ryoji Ikeda - A [for 100 cars]

Red Bullミュージックフェスティバル・ハイライト - ソランジュ:「An Ode To」

Red Bull Music Academyフェスティバル2017の一環として、グッゲンハイム美術館で上演された「An Ode To」はソランジュ・ノウルスのアルバム「A Seat at the Table」の聞きなれたトラックを新たなバージョンとして再構築したものです。彼女のアルバムのテーマに基づく、ジャンルを超えたパフォーマンスと瞑想が、ムーブメント、インスタレーション含む、実験的なミュージカル・アレンジとして再構成されました。

ソランジュ:「An Ode To」

ベストアーティスト。最大のフェスティバル。Red Bull TVには常に音楽がある。

www.redbull.tv/Festivalsでは、あらゆるデバイスで世界中のミュージック・ファンが世界の8つの画期的なフェスティバルを内側から体験し、最高のライブアクトや演奏を視聴し、高品質プログラム中継でライブ・ミュージックを楽しむことができます。また、Red Bull Media Networkチャンネル1の同時放送もご覧いただけます。

Red Bull TVのライブミュージック・フェスティバル

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2001

2000

1999

1998

1997

1995

1994

1992

1989

1988

1987

Explore the world behind the can