2016

マックス・フェルスタッペン、スペインで歴史的勝利

マックス・フェルスタッペンは、スペイングランプリでRed Bull Racing移籍後の初戦をセンセーショナルな勝利で飾り、最年少F1優勝ドライバーとなった。

Red Bull Racing

5つのタイトルを獲得!

ある週末 - Red Bull Motorsportsのアスリートたちが5つのタイトルを獲得:マルク・マルケス(スペイン) - MotoGPチャンピオン、セバスチャン・オジェ(フランス) - 世界ラリー選手権チャンピオン、マティアス・エクストローム(スウェーデン) - 世界ラリークロス選手権チャンピオン、マルコ・ヴィットマン(ドイツ) - DTMチャンピオン、ケナン・ソフォーグル(トルコ) - スーパースポーツ世界選手権

Red Bull / Motorsports

マックス・フェルスタッペンのスノーラン!

ウィンタースポーツ界のモンテカルロとも言われるキッツビュールが、アルプス山脈の頂上で行われる世界初のF1スノーランの舞台となった!伝説のハーネンカム・スキーレースが盛り上がりを見せる中、マックス・フェルスタッペンはRed Bull Racingを世界チャンピオンへと導いたマシンの力を解き放った。見事に晴れた冬空の下、3,500人の観客の声援を受け、オランダ人ドライバーは標高1,600メートルでF1オーストリアグランプリの観覧走行を披露した。

マックス・フェルスタッペンのスノーランを見る

ブライス・メンジス(アメリカ) - オフロードトラックジャンプの新世界記録を樹立

6ヶ月間におよぶ準備期間後、ブライス・メンジスはニューメキシコ州のゴーストタウンをジャンプで飛び越え、379.4フィート(115.6m)という世界最高飛距離の新記録を樹立した。このプロジェクトでメンジスは、Pro2オフロードトラックで傾斜路から傾斜路をジャンプし、過去のギネス公式世界記録301フィート(91.7m)および非公式の332フィート(101.2m)を大幅に更新。ギネス世界記録の審査員が現場で距離を確認し、新記録として認定された。

ブライス・メンジス(アメリカ)が新世界記録を樹立

Red Bull MotoGPルーキーズ・カップ10周年

10年間で112レースが開催され、30ヵ国144名のライダーが世界最高峰のグランプリサーキットでレース経験を積んだ。 現在のルーキーの多くは、2007年にヨハン・ザルコが初めて栄冠を手にしたとき、またハンドルも握ったことがない子供だった。それから時が経ち、26歳のフランス人はグランプリ優勝13回、カップ勝利4回を戦歴に加えた。昨年はMoto2世界選手権で優勝し、シーズン最高位に上り詰めた。

Red Bull MotoGPルーキーズ・カップ

MotoGPがオーストリアに帰ってきた!

2016年オーストリアグランプリは、FIM、IRTA、Dornaの代表者で構成されるグランプリ・コミッションから、最高のシーズンと評された。19年ぶりにオーストリアに戻ってきたMotoGPは、8月中旬にシュピールベルク郊外のRed Bull Ringで開催され、当日満員御礼となった大観衆の前で、イタリア人ライダーのアンドレア・イアンノーネが勝利を手にした。雄大なアルプス山脈を背景とした会場は、MotoGPの歴史に新たな1ページを加え、Red Bull Ringが比類ないスリルをもたらすために帰ってきたことを証明した。優れた組織運営、施設、大会中の雰囲気に恵まれ、オーストリアグランプリは一流の称号を維持するべく、2017年に目を向けている。

プロジェクト・シュピールベルク

Red Bull Mind Gamers

2016年夏、Red Bull Mind Gamersがローンチされた。これは誰もがさまざまな方法で頭脳の限界にチャレンジできる問題解決プラットフォームで、redbullmindgamers.com上で世界中のゲームデザイナー(MIT、ウィーン工科大学、NYUなど)が開発したオンラインパズルを毎週プレイできるほか、現実世界では4人組のチームを組んで解かなければならないミステリアスキューブを使ったライブイベントも開催。さまざまなパズルで頭脳の限界に挑戦しよう。

Red Bull Mind Gamersで頭脳の限界にチャレンジ

15周年を迎えたRed Bull X-Fighters

世界最高峰のフリースタイルモトクロスイベントが、スペインの首都にある伝説の闘牛場で15周年を迎えた。16ヵ国から最高のベテランFMXライダーが集い、32万人を超える観客が世界最高の技に酔いしれた。

詳細を見る

初のRed Bull Cliff Divingナイトイベント

Red Bull Cliff Divingワールドシリーズでは、世界屈指のクリフダイバーたちが長年にわたりさまざまな過酷な試練に挑戦してきた。だが、2016年シーズンファイナルはドバイで開催され、彼らにとってまったく新しい課題を突きつけた。世界中で9つのイベントが開催された後、Red Bull Cliff Divingワールドシリーズの2016シーズンは、広大なドバイマリーナで初のナイトイベント開催で華々しく幕を閉じた。レストラン、バルコニー、プロムナードに12,000人のファンが詰めかける中、ワイルドカードのリアナン・イフランド(オーストリア)が7大会で5回目の優勝を果たし、タイトル獲得を確固たるものとし、アンディ・ジョーンズ(アメリカ)は初優勝、ギャリー・ハント(イギリス)の記録となる6回目の王者獲得を果たした。

詳細を見る

Arkano 24 H

2015 Red Bull Batalla de los Gallosワールドファイナルの優勝者Arkano(22)は、10月29日にフリースタイルの世界記録を達成した。彼はマドリードの中心で24時間34分27秒にわたり、即興ラップをノンストップでプレイし続けた。

Red Bull TVでライブ視聴する

Red Bull Iznanka

実験的ストリートダンスの運営者ジャックス・ギャレットとコラボレーションし、ユニークなロシアダンス・シアターショーが誕生した。このショーは2015年に初公演が行われ、2016年にはロシアの5つの都市でのツアーに拡大した。6,000人を超える観客が、この唯一無二の劇場公演を体験し、観客にもメディアにも高評価を受けた結果、2017年にもツアーが決まった。

Red Bull Iznankaの詳細を見る

Dans les Abysses @Red Bull Music Academy(モントリオール)

1976年の夏のオリンピックで選手たちが泳ぎ競った40年後、モントリオールのオリンピックプールは音と光と水の境界が曖昧な多層リスニング環境に生まれ変わった。水中、水面、専用ダンシングスペースに設置されたカスタムメイドのスピーカーネットワークを通じ、Lorenzo Senniの特別曲、Dopplereffektのライブ、Drexciya DJ Stingrayのセットリストが会場に広がり、Red Bull Music Academy 2016の中でも類を見ないユニークなイベントとなった。

Red Bull Music Academyを見る

ビョークデジタル展覧会 @Red Bull Music Academy(モントリオール)

ニューヨーク近代美術館やロンドンのサマセット・ハウスとのコラボレーションに続き、アイスランドの音楽の発明家ビョークが新しいバーチャルリアリティ・ビデオフィルムのプレミアのため、Red Bull Music AcademyとモントリオールのPhi Centreとタッグを組んだ。このプレミアは、ビョークデジタル展覧会の一環として、DHC/ART Foundation for Contemporary Artで4週間連続開催された。ビョークの画期的なオーディオビジュアル作品の披露を目的としたこの展覧会では、音楽の枠に囚われない当代きってのクリエイターの頭の中へのインタラクティブで没入感のある体験が提供された。

Red Bull Music Academyを見る

Red Bull BC One Japan Camp 2016

世界中で40回のサイファーと6回のキャンプから成るシーズンが終わった後、世界中のB-BOYたちがヒップホップ・カルチャーを賞賛するために集結した。Red Bull BC Oneワールドファイナルに至るまでの4日間にわたり、ワークショップ、レクチャー、バトルが名古屋を席巻し、ワールドファイナル出場の最後の1枠を決めるラストチャンス・サイファーが満を持して行われると、熱気は最高潮に達した。実に最高のイベントだった!

Red Bull BC Oneを見る

Red Bull BC One World Final Japan 2016

12月3日、世界最高峰16名のB-BOY達が名古屋に集まり、Red Bull BC Oneワールドチャンピオンのタイトルを懸けてバトルを繰り広げた。世界中が注視する中、前例がないほどのレベルの高さと盛り上がりを見せた本大会を制したのは初の日本人王者となったIssei。見事母国の地でRed Bull BC Oneの新たな歴史を作った。

Red Bull BC Oneを見る

Red Bull Culture Clash

2016年で5回目の開催となるRed Bull Culture Clashは、現在の世界のライブミュージックで最先端のエキサイティングなコンセプトとして更に評価を高めることに成功した。海外から新しく参加した4名のクルーは、ロンドンのO2アリーナで16,000人を超えるオーディエンスを前に互角のパフォーマンスを見せ、メディアからもファンからも記録的な高評価を受けた。中でもインデペンデント紙のレビューでは5つ星を獲得し、ガーディアン紙からは「地球で最もエキサイティングなミュージックイベント」と評された。FacebookとTwitterでも世界中でトレンドに入り、メンション数は93,000を超えた。また、BBC Radio 1との画期的なパートナーシップにより、自宅リスナー数も120万人を超えた。

Red Bull Music Academy Culture Clashを見る

フェスティバルシーズン

世界で最もアイコニックな6つのミュージック・フェスティバルの独占放送局として、Red Bull TVは世界中の視聴者がお気に入りのバンドを自宅でくつろいで観たり、仕事場のデスクトップや移動中のモバイルデバイスで観たりできる機会を提供した。

ガラントがグラミー賞にノミネート

ガラントのデビュー・スタジオアルバム『Ology』がグラミー賞の最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞にノミネートされた。このアルバムの名曲「Skipping Stones」にはJhene Aikoが参加し、録音はRed Bull Studios LAで行われた。NPRはこのアルバムを次のように評した;「このアルバムの『Skipping Stones』では、さまざまな矛盾が曲の構成よりも大きなテーマに溶け込んでいる瞬間を感じる。ガラントの喉から絞り出すようなファルセットは生来の力強さがあり、それをドラムが軽く添うようにリードし、パフォーマンスの技巧をさらに高めている。Jhene Aikoが昔ながらの女性らしさを演出し、曲は昔懐かしいデュエットのように2人が交互に歌い合う。その歌声は私たちの生理的な感覚をソフトウェアのように操る。これは一級品だ」 。ガラントは、2014年からRed Bull Sound Selectプログラムに参加しており、2月に2枚目のアルバム録音のためRed Bull Sound Select LAに戻る。

Gallant Grammy Nomination

Red Bull Thre3Style

Red Bull Thre3StyleワールドDJチャンピオンシップは、2010年以来DJカルチャーを発展させ、世界中のオーディエンスを熱狂させてきた。2016年は節目の年として、21ヵ国で国内ファイナル大会が開催された。各大会で国内チャンピオンを決定し、21ヵ国の代表プラス3名のワイルドカード枠のDJが、サンティアゴ(チリ)で開催される第7回ワールドファイナルに進出した。丸1週間、サンティアゴのクラブで世界最高のDJたちが技を競い合い、最終的にワイルドカード枠であったバルバドス出身のDJ Puffyが世界チャンピオンに選ばれた。Red Bull Thre3StyleワールドDJチャンピオンシップVIIポーランド大会に向けての情報は随時アップデートされる。

Red Bull Thre3Styleを見る

過去を見る